シーズン1 [DVD]
HEROES / ヒーローズ Vol.1
シーズン2 [DVD]
HEROES/ヒーローズ シーズン2 DVD-BOX
シーズン3 [DVD]
HEROES/ヒーローズ シーズン3 Vol.1 [DVD]

2007年05月26日

HEROES/ヒーローズ #1.23 - How to Stop an Exploding Man

シーズン1 第23話 「世界を救え」

一人でサイラーを倒しに向かったアンドウを追ってアイザックのアトリエに着いたヒロ。だがヒロはそこではサイラーと戦わず、アンドウを連れてテレポート。着いた先は二人が勤める東京のヤマガト工業のオフィスだった。一緒にサイラーを倒しに行くと言うアンドウだが、この先は自分一人で行かねばならないと答えるヒロ。必ず戻ってくると誓ったヒロは、ニッコリ笑うとアンドウの前から姿を消した...。

>>続きを読む
posted by キント at 18:43 | Comment(2) | TrackBack(1) | シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

HEROES/ヒーローズ #1.22 - Landslide

シーズン1 第22話 「運命の日」

サイラーに折られた刀を直してもらうため、刀剣屋を訪ねるヒロとアンドウ。しかし、そこにはヒロの父カイトが待ち構えていた。二人きりで話がしたいと、ヒロを別室に連れ込んだカイトは、ヒロの能力や使命を知っていたことを明かし、サイラーを倒すための剣の稽古をつけてやる。だが、そんな事情を知らないアンドウは、ヒロがカイトに説得され日本に帰るつもりだと勘違いし、一人でサイラーを倒しに向かう...。

>>続きを読む
posted by キント at 18:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

HEROES/ヒーローズ #1.21 - The Hard Part

シーズン1 第21話 「ニューヨークへ」

アイザックから奪った予知能力で、自分が核爆発を起こすのを知ってしまったサイラー。そんな自分が怖くなり、ついモヒンダーに助けを求める。一方、ピーターも自分が核爆発を起こすと思い悩んでいた。それを知ったクレアは、その核爆発はテッドの能力だと教える。爆発するのはピーターではなく、テッドかも知れない。テッドを捕まえるよう手を打って欲しいとネイサンを説得するピーターとクレア。だが二人が去ると、ネイサンは問題が起きたとリンダーマンに連絡をいれる...。

>>続きを読む
posted by キント at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

HEROES/ヒーローズ #1.20 - Five Years Gone

シーズン1 第20話 「5年後」

アンドウと共に5年後の世界に迷い込んでしまったヒロ。アイザックのアトリエで出会ったのはもう一人の自分、未来のヒロだった。核爆発を阻止できなかったのは、自分がサイラーを殺し損ねたせいと言う未来のヒロだったが、ヒロの世界ではピーターのおかげでクレアはサイラーに殺されなかったと聞かされる。サイラーが再生能力を持っていないなら殺すことができる! 今度こそ確実にサイラーを殺すよう、過去の自分に頼む未来のヒロ。うまく元の世界に帰れる自信が無いと言うヒロを連れてテレポートしようとしたところに、マットとハイチ人が踏み込んできた...。

>>続きを読む
posted by キント at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(1) | シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

HEROES/ヒーローズ #1.19 - .07%

シーズン1 第19話 「0.07%」

リンダーマンがネイサンに語り聞かせた計画とは、意外にも世界の救済だった。驚くネイサンの前で、枯れた花を甦らせてみせたリンダーマンは、かつて自分も仲間たちと共に世界を良くしようとしていたのだと言う。しかし、皆が私欲に走ってしまったため、その結束はバラバラに。だからこそ、ニューヨークで起こる核爆発は絶好のチャンス。この大惨事がきっかけで、皆がまた世界を救済するため力を合わせるようになるはずだと...。

>>続きを読む
posted by キント at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーズン1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。