シーズン1 [DVD]
HEROES / ヒーローズ Vol.1
シーズン2 [DVD]
HEROES/ヒーローズ シーズン2 DVD-BOX
シーズン3 [DVD]
HEROES/ヒーローズ シーズン3 Vol.1 [DVD]

2006年08月27日

Who Wants to Be a Superhero? #1.05

<第9の関門>
スーパーヒーローは子供たちの人気者でなければならない。
小学校に連れて来られた候補者たちは、子供たちの前でアピールをし、人気投票を受けることになる。

自分の特技を説明するフィードバック。「TVゲームのキャラが使う必殺技をコピーして使うことが出来る」 と簡単に言えばいいものを、小難しく説明したため、子供たちは意味が分からず退屈してしまう。

ファット・ママは自分のテーマソングを歌って子供たちを楽しませ、子を持つ母親として、ちょっといい話を聞かせてみせる。

いつもの調子でおどけてみせて、子供たちを一番喜ばせたヴィクトリー少佐。

投票の結果、一番人気だったのはファット・ママ! 敗れた罰として、フィードバックとヴィクトリー少佐は、黒板に 「もう二度とスーパーヒーローのふりはしません」 と書かされるのでした。今回、失格者の発表はお預け。

<第10の関門>
ユニバーサル・スタジオにダーク・エンフォーサーが侵入! 何か悪さをされないうちに、素早く見つけ出さねばなりません。

ヴィクトリー少佐は順調にヒントを見つけ、ダーク・エンフォーサーの隠れ場所を突き止めました。

しかしフィードバックは、ヒントをくれる女性の財布からお金を落としてしまい、それを拾うのに手間取って時間がかかり過ぎました。

ファット・ママは、他のお客さんの食べ物をつまみ食いするのに気を取られ、他の二人より大幅に時間オーバー。

秘密基地に戻り、リー氏の審判を待っている間に問題が発生。子供たちからは人気がなく、ユニバーサル・スタジオでは成績が2番手だったフィードバック...単純に考えれば、彼が失格になる可能性が一番高い。ファット・ママがフィードバックが可哀相だと言い、自分が辞退して番組を降りると言い出しました。あわてて駆けつけたプロデューサーに説得されるファット・ママ。そして、フィードバックは、自分がもし失格になっても悔いはないと逆にファット・ママを励まし三人揃って審判の場に...。

ところが、リー氏が失格にしたのは、意外にもヴィクトリー少佐でした。確かに、子供たちから人気はあったが、私が求めているのはコメディアンではなく、もっとシリアスなスーパーヒーローだと。(そんなこと言ったら、ファット・ママの存在自体がシリアスじゃないやん) 自分が落とされると覚悟していたフィードバックは、リー氏の判断に異議を唱えようとします。それに気づいたヴィクトリー少佐は、「何も言うんじゃない」 とフィードバックを制止し、潔く去って行く...。

そんなヴィクトリー少佐に、リー氏が後ろを振り返ってみろと声をかけます。そこにはさっきまで無かったはずの携帯電話が。リー氏はさらに続けます。キミと話したい人がいるそうだと。電話を取ってみると、それはヴィクトリー少佐の娘さんからでした。元々、娘のために番組に出て優勝したいと言っていたヴィクトリー少佐。

「ゴメン、パパはスーパーヒーローになれなかったよ」

「いいえ、私にとってパパは最高のスーパーヒーローよ」

ファット・ママもフィードバックも、もらい泣き。そして、鬼の目にも涙...。スーパーヒーロー候補者、残り2名。

<僕が選んだ今週のベスト候補者>
失格になったけど、結局おいしいところは全部持っていったヴィクトリー少佐。最後に、娘との会話に使った携帯をパクッて帰りました。

Who Wants to Be a Superhero?
Who Wants to Be a Superhero?


posted by キント at 14:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | Who Wants to Be a Superhero! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴィクトリー少佐、おいしすぎる。
つまみ食いをし続けたファット・ママの方が問題が有る気がするんですが...
Posted by をかもと at 2006年08月28日 08:17
そうなんですよ、ファット・ママもそのことで注意されてたので、僕は彼女が落とされるもんだと思ってました。
Posted by キント at 2006年08月28日 12:50

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。